着付け教室の種類にはどんなものがある?それぞれ特徴を理解しよう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/10/28

成人式を見るとわかりますが、女性は艶やかな振袖姿がほとんどです。一時洋装人気という時代もあったようですが、今はレトロブームが相まって、着物に憧れる女性が少なくありません。そういう訳で着付け教室に通う女性も多く、人気の習い事の一つになっています。それでは着付け教室の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

着付け教室の種類ごとの特徴とは?

着付け教室には大規模から小規模までさまざまなタイプがあります。

大手着付け教室

アクセスが便利な場所に、大きな教室を構えている大手の着付け教室をよく見かけます。受講できるコースも豊富で、内容も充実していることが多いです。

初心者やプロを目指す人まで幅広く学ぶことができ、資格を取ることもできます。このような大手の教室では無料体験を随時行っています。

個人の着付け教室

個人の着付け教室であっても、大手の教室から看板を貰って教室を開いている場合は、教材費、授業料、入会費、カリキュラムなどが母体の着付け教室に準ずるようになっています。お店でいえばチェーン店のような仕組みです。そのため資格が取りたい場合には対応してもらえます。

けれどまったくの個人の教室では自由度は大きいですが、資格を取ることはできません。ただ、マンツーマンで教わることができ、生徒の要望通りに授業を進めることができます。

呉服店の着付け教室

着物を購入した顧客へのサービスとして開いている場合が多く、また商品を紹介したいという希望を持っています。比較的リーズナブルな費用で利用でき、「着物を着られるようになりたい」という人には適しているかもしれません。しかし、講師を目指したい人には不向きで、資格を取ることはできません。

このようにさまざまな種類の着付け教室があり、自治体が行っているケースもあります。自分に適した着付け教室を選択することが大事です。

着付け教室選びのコツ

着付け教室を選ぶ際に考えなければならないのが、まず自分の目的であって目標によって教室の選び方が変わってきます。

単に「着物が一人で着られるようになりたい」という人は、個人の着付け教室でも充分です。マンツーマンで教えてもらえるのもメリットの一つで、周りに気を遣うこともありません。もう少しレベルアップして、「人に着せてあげたい」「講師として指導したい」という人は、大手の着付け教室で学び資格を取るようにしましょう。

この目標には絶対ここでないといけないということはなく、ケースバイケースということもあります。個人教室であっても、講師のスキルが高ければ帯の変わり結びなども学ぶことができます。

ポイントは資格が取れるかどうかということで、大手の着付け教室にはプロを目指す人のための養成コースがあってスキル磨きができるようです。しっかり目標を定めてから着付け教室選びをするようにしましょう。

着付け教室を選ぶ際に注意するべきポイント

着付け教室の選び方のコツを紹介しましたが、もっと着付け教室を掘り下げると注意すべきポイントが見えてきます。

授業形態を確認する

教室によって授業形態は異なり、個人指導かグループレッスンかのどちらかを選ぶことになります。自分に適した方を選択すればよいのですが、個人レッスンにもグループレッスンにもメリット・デメリットがあります。

個人レッスンは、授業料が高い反面自分のペースで学ぶことができるようです。グループレッスンは比較的リーズナブルな費用で学べますが、他の生徒さんのペースに合わせなければなりません。

目標を達成するまでの期間を確認する

それぞれ目標を持って受講しますが、習得するまでの期間を把握しておかなければなりません。コース確認をしっかりして、目標を達成するにはどれ位の期間が必要かを知っておきましょう。

着物はレンタルできるかを確認する

着付けを始めたくても、着物や帯、小物類が揃っていなければ受講できません。そんな時、必要な着物一式をレンタルできる着付け教室は、とても便利です。着物や帯、小物類を購入するにはかなりの出費になるうえ、着物の知識がない人は選択するのが難しいです。

レンタルが利用できれば、気軽に始めることができますね。またレンタル料が無料の教室もあれば、有料のところもあるため確認を怠らないようにしましょう。

授業料以外に掛かる費用を確認する

着付け教室を決めるポイントとして費用の面は大きく、どうしてもリーズナブルな着付け教室に目が行きがちです。しかし、授業料以外にテキスト代や教室オリジナルの小物の購入があると、総費用というのは変わってきます。授業料だけで判断せずに、必要な費用が他にないか確認するのも忘れてはいけません。

このように着付け教室を選ぶ際の注意すべきポイントは結構あって、他にもアクセスの面では、最寄りの駅から遠ければ通いにくいこともあります。いろいろ考慮してポイントを押さえていきましょう。

 

着付け教室には種類があって、それぞれ特徴があるのもわかってきましたね。自分に合った着付け教室が見つかれば、口コミをチェックすることも大切です。実際体験した人達の声は説得力があるうえ、選択の判断材料となります。自分の目標に近づける着付け教室を見つけるために、ある程度時間を費やしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

着物は日本の伝統的な装いであり、その美しさと独特の雰囲気は多くの人々に魅力的に映ります。しかし、時代の変化と共に着物のスタイルも進化し、昭和時代の古典的なスタイルから現代風のおしゃれなコーデ
続きを読む
日本には四季があり、着物も季節に合わせて着分けることが一般的です。袷、単衣、薄物の3つの主要な着物の種類があり、それぞれに合った帯や長襦袢が選ばれます。この記事では、一年中着られる着物の柄や
続きを読む
着物文化の美しさに魅了され、着付けのスキルを身につけたいと考える方にとって、無料着付け教室は魅力的な選択肢です。本記事では、なぜ無料なのか、そしてそのメリット・デメリットについて詳しく解説し
続きを読む
着付け関連コラム