無料の着付け教室ではどこまで教えてもらえる?

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/05/24

無料の着付け教室

無料の着付け教室では、浴衣の着用方法、着物の見栄え、所作などが学べます。自分でも着物を身に付けられるようになるので、参加者の満足度は高いでしょう。しかし、開催される販売会で商品を購入し過ぎないように注意する必要があります。着物に興味があり、無料の着付け教室に通いたいと考えている人は、今回の記事を参考にしてください。

なぜ無料の着付け教室が成り立っているのか

無料の着付け教室は、利益を上げているわけではなく、着物や帯などの販売会で利益を上げているので成り立っています。こちらで詳しく解説しましょう。

事業内容が違う

無料の着付け教室を定期的に開催していると、着付け教室に参加している人からお金が入ってこないので、通常であれば損失となってしまいます。

しかし、無料の着付け教室の事業内容は、着物販売仲介業です。

着物が好きな人やこれから着物に慣れ親しんでみたいと思っている人を着付け教室に集めることで、着物の販売会を開催しています。

着物や帯を生産している人と消費者を結ぶための手段として開催されているので、着付け教室で利益を出そうと考えていません。あくまで着物や帯を販売することで利益を生み出しています

商品を販売しやすいのか

着物が好きな人やこれから着物に慣れ親しんでみたいと思っている人が、無料の着付け教室に参加するので、一般的な人よりも着物に強く関心を抱いています。

そのため、現在着物を所有していても、新しい商品が欲しい人やこれから自分の着物を購入しようと考えている人たちなので、販売しやすいといえるでしょう。

生徒のほとんどが初心者

着付け教室では、既製品の着物や自分の体型にジャストフィットしていない着物を身に付けるので、どうしてもシャキッとした見た目にはなりません。

そこで、自分の体型に合った着物が販売会で出品されていると興味をもつでしょう。まずは1着購入したいという意欲が湧いてきます。生徒のほとんどが初心者なので、スタッフから商品をすすめられると購入意欲がさらに湧くでしょう。

無料で受講できる内容は?

こちらでは無料で受講できる内容について解説します。

浴衣の着用方法などが学べる

浴衣を持っていても、どのように着用すればよいのか分からない人もいるでしょう。あまり何も考えずに自己流で着用してしまうと、下品な印象を与えてしまう可能性があります。

できるなら自分で浴衣を着用できるようになりたい人に、無料の着付け教室はおすすめです。

肌着の付け方やタオルの補正方法などを学ぶので、きちんと着こなせるようになります。夏祭りやイベントなどできれいな浴衣姿でいると、品があって美しい人に見られるでしょう。

着物の見栄えについて学べる

着物のなかにある下着や長襦袢は、周囲の人から見えないようになっていますが、これらの着こなしをきちんと行うことで、着物の見栄えがよくなります。

とくに、多くの人が着物に慣れ親しんでいる地域では、見栄えがよくないとそれだけで印象が悪くなってしまうでしょう。

着崩れを起こしてしまうと、だらしない印象に見えてしまうので注意が必要です。無料の着付け教室では、オリジナル教材を活用した授業を提供してくれるので、理解しやすくなっています。

帯も結べるようになる

参加者のほとんどが初心者なので、最初から難しいテクニックを求められることはありません。

ねじる、結ぶなどの結び方がありますが、分かりやすいように何度も解説してくれます。

また、フォーマルな場面で身に付ける着物だけではなく、普段着にも使用できるテクニックなので、プライベートでも活かせるでしょう。

所作も学べる

美しい着物を身に付けたものの、だらしない所作や美しくない所作では、着物の魅力が半減してしまいます。

そのようなことにならないように、礼儀作法やマナーも身につけられるでしょう。着物を身に付けるから美しく見えるのではなく、所作が美しいからさらに美しく見えるようになります。

無料着付け教室で注意すべき点とは

自宅に帰ってから後悔しないようにしてください。

本当に自分に必要な商品であれば購入するようにしましょう。こちらでは無料着付け教室に通う際に気を付けたい注意点について解説します。

予算の範囲内で買い物を楽しむ

販売会は、気分が高揚するので冷静に判断できなくなります。

また、周囲の人も商品を購入するので、自分も一緒になって購入してしまうでしょう。

そのときは気分が高揚しているので気持ちがよいですが、自宅に帰った後に商品の値段を確認して後悔する人もいるでしょう。

無料の着付け教室が間違っているわけではありません。しかし、必ず販売会が開催されるので、予算の範囲内で買い物を楽しめるように、自制心を強く持っておきましょう。

まとめ

無料の着付け教室ではお金を請求されることはないので、安心して着付けを学んでください。しかし、その後の販売会では、スタッフや参加者から着物の購入をすすめられることがほとんどです。似合う着物をすすめられるうちに気分がよくなり、余計な商品まで購入しないようにしましょう。商品は数万円以上するものがほとんどなので、大きな買い物になります。住宅ローンが残っている人やこれから大きな買い物をしようと考えている人は要注意です。本当に必要な商品のみ購入しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

着付け教室は、伝統的な日本文化を学び、着物や帯を正しく身につける方法を習得するのに役立つ場所です。しかし、なかには悪徳な教室も存在し、無料の着付け教室にはとくに注意が必要です。本記事では、無
続きを読む
着物は日本の伝統的な装いであり、その美しさと独特の雰囲気は多くの人々に魅力的に映ります。しかし、時代の変化と共に着物のスタイルも進化し、昭和時代の古典的なスタイルから現代風のおしゃれなコーデ
続きを読む
日本には四季があり、着物も季節に合わせて着分けることが一般的です。袷、単衣、薄物の3つの主要な着物の種類があり、それぞれに合った帯や長襦袢が選ばれます。この記事では、一年中着られる着物の柄や
続きを読む
着付け関連コラム