夏・秋には「撫子柄」の着物を着よう!コーディネートのポイントを解説

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/09/29


夏から秋への季節の移り変わりに、涼しさと上品さを同時に楽しむなら、「撫子柄」の着物が最適です。この記事では、撫子柄の着物が夏と秋にぴったりな理由をご紹介し、涼しげで上品な印象を作り出すコツについても詳しく解説します。撫子柄の着物を取り入れて、夏と秋のおしゃれを存分に楽しんでみましょう。

撫子柄の着物は夏・秋にぴったり

夏から秋への季節の変わり目、涼しさと上品さを楽しむなら、撫子柄の着物がおすすめです。撫子柄は、8月から9月にかけて咲く日本の伝統的な花、撫子(なでしこ)をモチーフにした柄で、その美しさと涼しげな印象は、まさに夏から秋への移り変わりにぴったりです。

また撫子柄は、日本の伝統文化に深く根付いたもので、大和撫子といった言葉で美しい日本女性を表現することもあります。この柄は鎌倉時代以降に広まり、その美しさと繊細さが多くの人々に愛されてきました。

撫子柄の着物は、撫子単独で使われることもありますが、秋の草花(桔梗、萩、女郎花、葛、すすき、藤袴、竜胆、菊など)と一緒に描かれることが多く、魅力的なアクセントとなります。また、撫子柄の着物は、残暑の厳しい8月から9月初旬に着ることで、一足先に涼しい秋を先取りすることができます。その繊細な柄が、まさに季節の変わり目にぴったり合うのです。

夏の暑さが和らぎ、秋の爽やかな風が心地よく感じられるこの時期、涼しさと上品さを兼ね備えている撫子柄の着物はとてもおすすめです。夏から秋への季節の変わり目に、涼しさと上品さを同時に楽しむなら、撫子柄の着物をぜひ取り入れてみてください。日本の伝統と美しさが調和したこの着物は、新しい季節を迎える際に、素敵なスタイルを演出してくれることでしょう。

涼しげで上品な印象を与えるコツ

撫子柄の着物は、着る人やコーディネート次第で、可愛らしい印象から気品ある上品さまで幅広い表情を見せます。撫子の花自体が可愛らしさを象徴し、ベース色によっては上品な雰囲気も漂います。

とくに、若い世代が少し大人びたい時や清楚なイメージを求める際には、撫子柄は最適です。撫子柄の着物は、その特有の柄が相手に涼しさを感じさせ、涼し気な印象を与えることも魅力の一つ。夏の季節にピッタリの選択と言えるでしょう。

コーディネートの際には、自身の肌や髪の色に合ったベース色を選び、アクセサリーや帯の結び方、髪型などを工夫することで、撫子柄の着物を涼しげで上品なスタイルに仕上げることができます。その結果、着物から放たれる可愛らしさと気品が、周囲に印象的な魅力を与えることでしょう。

色や柄の選び方やコーディネートのポイント

撫子柄の着物を選ぶ際には、その美しさと涼しげさを最大限に引き立てるために、色や柄、コーディネートについてのポイントを知っておくことが大切です。また、撫子柄は季節感を大切にする着物であり、秋の草花との組み合わせも魅力的です。

以下では、色や柄の選び方、コーディネートのポイントについて詳しく解説します。

ベース色を選ぶ

撫子柄の着物は、ベース色によって印象が大きく異なります。例えば、淡いピンクや白のベース色は、可愛らしさを引き立て、若々しさを強調します。一方、濃い色合いのベース色(紺や黒など)は、上品で落ち着いた印象になります。自分の肌色や髪の色に合わせてベース色を選びましょう。

他の柄との組み合わせ

撫子柄は、季節感を表現するために秋の草花と一緒に描かれることがあります。例えば、桔梗、萩、女郎花、葛、すすき、藤袴、竜胆、菊などがよく使われます。草花の色や柄との調和を考えながら選ぶと、季節感が際立ちます。

アクセサリーと帯

着物のコーディネートにはアクセサリーや帯も欠かせません。撫子柄の着物には、清楚さや可愛らしさを引き立てるアクセサリーが似合います。小さな花のモチーフやパールのアクセサリーがおすすめです。また、帯の結び方や帯留めも、着物の印象を左右しますので、工夫してみましょう。

髪型とメイク

髪型とメイクもコーディネートに重要です。簡単な髪飾りやかんざしを使って髪を飾り、季節感を演出しましょう。メイクは、清潔感を保ちつつ、季節に合った色味を取り入れることで、一層魅力的な印象を与えます。

季節に合わせたシーン選び

最後に、着物を着るシーンも考慮しましょう。夏から秋への移り変わりにぴったりな撫子柄は、お祭りや季節のイベント、友人との食事会など、涼しさと季節感を楽しむ場面でとくに映えます。

撫子柄の着物は、その美しさと季節感を最大限に引き立てるために、細かなポイントに注意を払うことが大切です。自分自身の個性や好みを活かしながら、色や柄、アクセサリー、髪型、メイク、そしてシーンに合わせてコーディネートしてみましょう。季節感を楽しむ着物の魅力を存分に堪能できます。

まとめ

夏から秋への季節の変わり目に、撫子柄の着物は魅力的な選択です。撫子は、美しい日本女性をたたえる象徴であり、その可愛らしさと上品さは、季節感を引き立てます。アクセサリーや帯、髪型、メイク、着るシーンを工夫することで、涼しげで上品な印象を与えることができます。また、着物の魅力を最大限に引き出すために、着付け教室を利用することをおすすめします。着付け教室では、正しい着付け技術やコーディネートのアドバイスもしてくれるため、自分に合ったスタイルを見つける手助けをしてくれるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

着付け教室は、伝統的な日本文化を学び、着物や帯を正しく身につける方法を習得するのに役立つ場所です。しかし、なかには悪徳な教室も存在し、無料の着付け教室にはとくに注意が必要です。本記事では、無
続きを読む
着物は日本の伝統的な装いであり、その美しさと独特の雰囲気は多くの人々に魅力的に映ります。しかし、時代の変化と共に着物のスタイルも進化し、昭和時代の古典的なスタイルから現代風のおしゃれなコーデ
続きを読む
日本には四季があり、着物も季節に合わせて着分けることが一般的です。袷、単衣、薄物の3つの主要な着物の種類があり、それぞれに合った帯や長襦袢が選ばれます。この記事では、一年中着られる着物の柄や
続きを読む
着付け関連コラム