独学で着付けスキルを習得するメリット・デメリットについて解説!

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/02/16

優雅で、日本人の美しさを最大限に表現してくれる和装。日本の文化に興味がある人の中には、着付けに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。そのうえで、着付けのスキルを独学で学ぶか、教室に通うか迷っている人もいらっしゃるかと思います。今回は、着付けのスキルを独学で学ぶことのメリットやデメリットについて解説します。

着付けのスキルは独学で習得可能?

結論としては、着付けのスキルを独学で学ぶことが可能です。簡単に習得できるわけではありませんが、地道に練習していけば上達できます。近年では、着付けのスキルを高められるような書籍やネット記事、オンライン講座なども販売されているので、そういった教材を活用しながらノウハウを吸収しつつ、自分が実施した着付けと上手な人が実施した着付けを細かい部分まで見比べて、実力をあげるといった方法も可能です。

独学で着付けスキルを習得するメリット

独学で着付けスキルを習得することには、いくつかのメリットがあります。その中から3つのメリットを紹介します。ひとつ目のメリットは、費用を安く抑えられることです。着付けの教室に通うとなると、数万円以上の費用が必要になります。その点、独学で習得できれば、書籍やオンライン講座代だけで済むので、安ければ数千円ほどの投資で、着付けスキルを身に着けられます。

ふたつ目のメリットは、自分のペースで習得できるということです。着付けスキルを学びたいと考える人の中には、自由に使える時間がたっぷりとある人もいれば、週5日フルタイムで勤務していて、なかなか時間を確保できないという人もいるでしょう。教室に通うとなると、ある程度時間が決められているため、急遽仕事が入っていけなくなった場合には、キャンセル料を払わないといけない可能性もあります。その点独学は、自分で学ぶ時間を調整できるので、焦らずゆとりをもって、着付けスキルを習得できます。

最後は、自分の好みの着付け方法が見つかるということです。もし独学でなく、1人の先生から着付けスキルを学ぶとなると、その先生の色をそのまま踏襲することになりますが、ほかの着付け方へ応用しにくいというデメリットがあります。その点、独学で着付けスキルを学べば、誰かに強制されることなく、自分の好みの着付け方法を調べながら、深めていくことが可能です。

独学で着付けスキルを習得するデメリット

独学で着付けスキルを身につけるうえで、デメリットとなるポイントを2つ紹介します。ひとつ目のデメリットは、細かい技術や正しいマナーに気づけなかったり、学べなかったりする可能性があるということです。着物は古くからある伝統的な衣装のため、その着こなしには細かい慣習やルールが存在しています。独学で学ぶと情報に偏りが生まれ、学んでいる内容に抜け漏れが出てしまう可能性があります。

ふたつ目のデメリットは、モチベーションが続かず、挫折してしまう可能性があるということです。自らすすんで学習しているとはいえ、学ばなくてもいいことを学び続けることはとても難しいことです。そのため、もし独学で費用をかけず着付けのスキルを学んだ場合、強制力もないし、「これだけお金を払ったんだからちゃんと学ぼう」という意識も生まれないため、途中で挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。

正しい着付けの知識・スキルを身に着けたい方は教室に通うのがおすすめ

ここまで着付けスキルを独学で学ぶことのメリットとデメリットを紹介しました。独学のいい面と悪い面を含めて、どちらが自分に合っているかを見極めましょう。着付けのスキルを身に着けたいと思ったら、教室に通うことをおすすめします。ここでは、着付けのスキルを教室で学ぶことをおすすめする理由を紹介します。教室で学ぶことがおすすめである理由は2つです。

ひとつ目の理由は、効率的な最速最短で着付けスキルを習得できるということです。専門の教室では、レベルに合わせたカリキュラムが組まれていることがほとんどのため、自分にとって最適な順序で着付けについて学びを深めていけます。

ふたつ目の理由は、モチベーションが保ちやすいということです。独学で学ぶとなると、自分1人のため、挫折する可能性があります。その点、教室に通うとなると、数人で組まれた少人数のチームで学ぶことがほとんどのため、一緒の教室に参加する人たちが、着付け仲間となり、お互いのモチベーションになるでしょう。

まとめ

今回の記事では、着付けスキルを独学で学ぶことのメリットとデメリット、そのうえで着付けスキルは教室に通って身につけることがおすすめである理由を紹介しましたが、参考になりましたか?何事も1人で一から学んでいくよりも、すでにその道を極めた人からその技術を学ぶことで、最速最短でその技術を身に着けられます。確かに、独学で学ぶ方が費用を抑えられますが、時間という大切な資産を節約するという意味でも、教室に通うことを検討してみてもいいのではないでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

着物は日本の伝統的な装いであり、その美しさと独特の雰囲気は多くの人々に魅力的に映ります。しかし、時代の変化と共に着物のスタイルも進化し、昭和時代の古典的なスタイルから現代風のおしゃれなコーデ
続きを読む
日本には四季があり、着物も季節に合わせて着分けることが一般的です。袷、単衣、薄物の3つの主要な着物の種類があり、それぞれに合った帯や長襦袢が選ばれます。この記事では、一年中着られる着物の柄や
続きを読む
着物文化の美しさに魅了され、着付けのスキルを身につけたいと考える方にとって、無料着付け教室は魅力的な選択肢です。本記事では、なぜ無料なのか、そしてそのメリット・デメリットについて詳しく解説し
続きを読む
着付け関連コラム